台風直撃!

今朝午前6時頃自宅から見た空

重苦しい色の雲が流れている

テレビニュースによればこの時刻に和歌山の有田市付近に台風は上陸したと言う

地図で見れば私の住む和泉市の真南を東へ移動している

かなり雨は降ったが幸いなことに強風はなかった

「猫の額農園」のオクラ、ピーマンが倒れると心配したが

運が良かったのか事なきを得たようだ

ラッキー!

ニラの花!

玄関脇にあるニラに白い花が咲いている

この花にも毎日ミツバチが吸蜜に来る

見れば花弁の中に黒い小さな種が出来つつある

蜂が来なければこの次世代の命も出来ないのではないだろうか?

蜂がいなければ野菜も花も命を継ぐことは出来ないのではないだろうか?

蜂は雨の中でも働いている

偉い!

3000億円!

これで良いのだろうか?

日本のスタートアップ企業が米企業に3000億円で買収された

所謂ユニコーンと呼ばれる新興企業で極めて高い評価は素晴らしい

しかしながらこの企業を買収する日本企業はなかったのだろうか?

蜘蛛の巣に似た素材を作るスタートアップ企業にも外国のファンドが300億円程度を出資したと言う

海外市場を視野に入れる観点からは良いことと思うが

日本企業には出せないのだろうか?

遅ればせながら生まれ始めた数少ないユニコーン企業が海外企業に買収されたり、支配権を持たれたりするのは勿体ないと思う

日本の企業の経営者に足りないのは勇気だと私は思う

Animal spirit の欠如が日本企業の停滞の最大要因ではないのだろうか?

これでよいのだろうか?

感染状況

今日は以前一度ご連絡頂いた方から相談の電話があった。

見学やご相談の電話、メールと感染の減少は強い相関にある。

先週もご来客があったが婚活ハイシーズンの秋を前に徐々に問い合わせが増えそうな気がする。

2学期が始まった学校の子供のクラスターが拡大しなければ良いのだが?

まだまだ「猫の額農園」のオクラが元気だ。

つい見落として25㎝に成長してしまった。

角のない丸オクラは成長しても比較的柔らかい。

夏バテの身体を癒してくれるように思う。

感謝!感謝!

カブの苗!

大好きな冬野菜のカブ

赤カブ、冬カブの種を播き2日~3日で芽が出てきた

この若い芽は夏に生まれて成長するトノサマバッタの大好物でもある

白いメッシュで囲んで苗を守りある程度の大きさに成長した後に

用意した畝に定植する

早ければ11月末前後から食べることが出来る

サニーレタスの種も播いてみた

そろそろニンニクの種も植えなければ

株式市場は急変するし兎に角色々と忙しい(笑)!

飢餓、インフレ、、、

アフガンを注視している

従来から諸外国や国連の支援で人々の生活が成り立っていると伝えられていた

タリバンの支配で支援も一旦は打ち切られるだろう

海外からの食糧や燃料が入らなければ飢餓がさらに進むだろう

インフレが昂進するすることは目に見えている

経済制裁を強めれ弱い立場の人々から飢えて行くだろう

ミヤンマー、シリア、レバノン等々

無政府状態の国家群がますます増えている

お隣には北朝鮮、中国など一党支配を更に強める国家群がある

私達は自由を認めてくれ、私権を尊重してくれるこの日本をそれなりに大切にしなければと思う!

偉業!

MLBロサンゼルス・エンゼルスの大谷選手が先発し9勝目を挙げた

先日右手首にデッドボールを受けており心配していたが、ピンチには160キロ台の速球連発で切り抜けており後遺症はなかったようだ

今シーズンの先発予定は残り4回~5回があり、1回勝てば10勝となる

私が勝手に期待している実績は 45~50ホームラン、100打点、25~30盗塁、そして投手としては10勝以上だ

一般的に若者に使う言葉ではないかもしれないが、もはや「偉業」と言う言葉以外に形容の方法を思いつかない

とてつもない空前絶後の記録だが、怪我さえなければ現実のものになりそうだ

連戦の続く終盤戦、骨折等の故障なきことを心より祈る!

エリ―トの多い組織

三菱電機で又検査不正との記事が今朝もあった

この会社に関する同様の記事を何回見ただろう?

先月はみずほ銀行で今年6回目のシステム障害があった

数千億円の巨額を投じて行ったシステム刷新からまだ2年~3年にも拘わらず

どちらもエリートの多い組織と認識する

このような企業でよくあるのは経営陣と生産現場やサービスの現場が全く別の世界のようになっていることだ

大学時代に三菱電機の方々とよくテニスの試合をしたことから、本社から転勤して来るエリート社員と現場の方々が全く別世界にいるように見えた

みずほになる前の日本興業銀行はエリートの集まる銀行だった

2社ともに経営陣と現場社員の間で形式的なコミュニケーションはあっても心の通う情報交換がないのではないだろうか?

生産の現場やサービスの現場は下々の社員の行うこととの認識が経営陣にあるのであればこれらの問題は根深いのではないだろうか?

長年に亘り会社組織で働いて来た経験からはそんな気がしてならない!