東洋経済より 未婚者の自殺は明らかに高率

未婚者の平均寿命が10年弱短いことは政府から発表されているが

自殺率が高いことについても「自殺予防総合対策センター」の統計にある

未婚者の自殺率は既婚者の1.25倍だが

45歳~55歳では2.1倍

55歳~64歳では2.4倍の高率

家族と云うつながりを持たないことがこのような結果をもたらすのだろう

30代~40代では実感が湧かないのではないだろうか?

恐らく定年や他の理由で働く場を離れた後に分かることではないのだろうか

独りと云うのが死に至り易いということが

生涯未婚 今日発売の東洋経済5月9日号 一読の薦め

経済雑誌の「東洋経済」が生涯未婚を特集している

未婚問題はもはや個人の問題であるのみならず、日本経済全体の問題との認識が進むことの証だろう

今日購読して見る積りだが、このブログでも伝えておきたい

特にアラフォー独身男女には一度読んでおいたら良いものと思われる

以下はヘッドラインの一部だが、私の認識とほぼ一致する

男性の3人に一人が一生独身

男には結婚が今や贅沢品(豊かでなければ手の届かないの意味か?)

「偶然の出会い」確率は0.24%

未婚が寿命を縮める~心筋梗塞3.5倍、自殺1.2倍

女性医師より高未婚率の仕事~女医さんんの生涯未婚率は既に超高率

等々

婚活 作戦会議 

昨日はアラフォー女性会員さんと作戦会議

午後1時間半程度、資料を用意して方針を打ち合わせし確認した

検索条件の絞り込み方については仔細に説明を加えた

無為の日々にも加齢は進む

結婚活動にとって「加齢は最大の敵」

兎に角立ち止まらないことが大切

今月も20件のお見合い申し込みをすることを約して終了

カツ!(笑)

咲き過ぎた「柚子の花」 蜜蜂 足長蜂 蝶々 カナブン 他

201605061048

我が家の「猫の額農園」の冬の味覚「柚子」

今年は稀に見るように無数の花が咲いた

蜜を求めて蜂や蝶がひっきりなしに来ている

樹下に行くと様々な羽音がする

甘酸っぱい香りも風に漂う

「風薫る5月」とは言い得て妙だ

今年も生きていたと実感する!

今日も一生懸命仕事をしよう!

熊本県玉名市伊倉 伝統の「石臼玉絞り 椿油」

201605050855

私の生まれた百田村の隣町「伊倉」

そこの残る「石臼玉絞りの椿油」

人間の皮脂に最も近い成分を持つ植物油で

有名モデル美魔女が肌の保湿剤に使っていることが知られている

現代食用油の悪化変質理由「高温加熱」「有機溶剤使用」「漂白」「香り付け」

のプロセスが一つもない、まぎれのない純粋椿油だ

以下の写真が石臼

連続地震の為に現在は稼働停止状態

明治元年に建築された建屋で

同じくらい古いような石臼と設備が残されている

文化財の価値が十分ありそうだ!

201605021422

玉絞りの由来

石の玉

重力と下から突き上げる力でゆっくりと油を搾りだす

加熱しないので無香だ

世の中で最も安全な油だろう!

お見合い結婚活動のお手本 BRAVO! その2

先月退会された40代会員様のお話し

実質3ケ月強の短期間で婚約実現

出来るだけ多くのお見合いを実現し

出来るだけ交際して見た結果

「理想の人に出会うことを求め続けるより

話し合い、歩み寄り、出来るだけ理想の家庭を創る」

との点で考えが完全に一致した

離婚を経験した40代半ばの含蓄ある言葉だ BRAVO!

アラフォー以後の結婚希望者の全てに伝えたい言葉として保存し、今後のサロン見学者に伝えて行きたい!

ツツジの見納め Peak off 一日一日を大切にしたい 

201605041323

昨日二日間の熊本滞在から帰り

オフィスに行った際の道路脇

今日明日が最後の美しい姿

次は来年に期待する

一年後も病気をせずに働いていられることを祈る

東北大震災や、熊本連続地震を見るにつけ

Sudden death は誰にでも、且つ今そこにあると思う

被災現場に行き

これまで以上に一日を大切しなければと

改めて思う!

子供数35年連続減少 → 将来の年金、医療費、介護費の削減→消費低迷

今日は子供の日

総務省の発表では14歳以下の子供の人口が35年連続減少

日本の年金制度は今働く世代が支払う年金保険料を

今年金を受給している世代に支払っている

これから少なくとも数十年に亘って支払年金保険料の総額が減少し続けることは明白になっている

現在働く30代~40代が年金を受給する頃には金額の減額と受給開始時期の先送りと云う重い事実に直面せざるを得ない

時折採り上げる「老後貧困」「老後破産」「貧困に伴う孤独死」等は増え続けること必至だ

富裕層を除く普通の人々の消費が安定的に増えることはないだろう

結婚が増えて、子供の数が増え始めて、将来の年金、医療の安全が見えた時に

人々は消費を活発化させ、そしてそれによる経済成長の好循環が再生するのだろう

私の仕事は出来るだけ多くの希望者の結婚を実現すること

そして私のような社会事業を起こす人を全国規模で増やすこと

心身の疲労は続くが、やらなければと思う!