ご相談が増えて来た

今日はご相談の方がお二人

一人は30代後半のお子様のことでお母様が

数年前に最大手の相談所で活動されたが

殆どお見合いも実現出来ずに終了

諦めきれずに私のサロンを発見しておいでになる

もう一人は60代半ばの男性

これまで結婚に縁がなくこの年になったとのこと

法律関係の資格にチャレンジ中の方

何時ものように1時間以上かけて丁寧にご説明してお帰り頂こう!

写真は絶対に大事

お見合い成立の最大要素は写真

特に女性の方の場合はそうだ

男性は何よりも先ず写真を見て会うかどうかを判断する

既に写真を撮ってしまった方はさておき

新入会員の方には事前に良いサンプルを必ず見て頂いて

自分なりのイメージを作ってスタジオに行ってもらう

そうすると見合いの成立確率が明らかに高くなる

ブログ読者でどこかの相談所利用を考えておられる方は是非参考にして頂き

成果をより確かなものにして頂きたい!

 

遠隔地の会員様 初お見合い 初交際

昨日は遠隔地の会員さんの初お見合いだった

引き合わせに行ける距離ではなく一人で行って頂いた

予定通り無事に終えた後に連絡と相談があり

方針を検討し交際希望にされた

そして相手の方も交際希望との連絡があり来週には一回目のデートになる

初お見合いとしては良いスタートが切れて安堵した

出来ればよい結果になって欲しい!

 

 

恋愛なしの結婚のカタチ ほんの少しの異論

先日マーケティングで有名な牛窪恵さんが唱えておいでの

「恋愛なしの結婚のカタチ」もありでは?について書いた

私も決して反対ではないし「信頼結婚」は充分あると思っている

結婚支援の現場屋の観る現実からは少し違ったものも見える

昨年婚約退会された会員さん達の見合い後の交際の実情を観察すると

殆どが恋愛になっての結婚だった

しかも2ヶ月程度の短期間で大恋愛になった人もいた

社会通念的にはお見合い結婚は「恋愛なしのカタチ」と考えられているようだが

実際は「お見合いを入り口にした恋愛結婚」である

少し論理の筋が違ってはいるが、牛窪さんのご覧になれていない点かと思う

お見合いは最も安全で最短の恋愛結婚への道!

 

 

梅の実が 少しづつ成長

201604191227

庭の梅が今年もなった

少しづつ成長しているのが分かる

例年5月末頃に成熟するのだが

今年は牡丹同様1週間くらい早いのではないだろうか?

又無添加の梅干しを作ろう

裏のおばさんも心待ちにしているとのこと

例によって境界に高枝バサミをおいて

自由に採って貰おう

揺れ続ける熊本 様子伺いの電話も控えよう

14日の夕方に発生して1週間

連続地震に揺れ続ける熊本一円と隣県

翌日、翌々日には連絡が取れた友人や生まれた村の隣人

連絡が取れなくなった

様々な修復対応で多忙であれば良いのだが

外野からの様子伺いの電話もはばかられる

暫くは早い収束を祈ることしかできることがなさそうだ