午前はお見合い 午後はサロン見学者

今日は午前中梅田にお見合い引き合わせ

こちらの美人女史に対し現れた男性はこちらもイケメン高学歴高身長男子

結果は分からないが似合いのカップルのように見えた

取って返して午後はサロン見学のご家族

本当に可愛らしい20代女性とご両親

何時ものように1時間以上かけて仕組みを説明してお引き取り頂いた

最近は20代の女性が時折お見えになる

裏返せば自然体では結婚難が拡大しているということではないだろうか?

政府が少子化防止を声高に言っているにも拘わらず

正反対の方向に向っているような気がしてならないのだが?

嬉しいお酒 婚約退会者とお義父さん

昨日は尊敬する創業経営者に誘われて北新地

私のサロンの第一号婚約者の義父に当たる方だ

一昨年の8月にお見合いしてもらい、12月に婚約、昨年3月に結婚

夫人は子連れの再婚、彼も再婚

彼は大企業を辞してお義父さんの会社にこの1月に入社

事業承継の目処も立ち、大変喜んでおられた

一軒目の和食の店に始まり今回もクラブへ行き計4軒のハシゴ酒

フラフラになり帰宅したが

兎に角嬉しいお酒だった

又大型詐欺事件 113億円 女性が女性を騙す

神戸地方裁判所の姫路支部で開廷

61歳の化粧品会社経営女性が71歳の女性と共謀

10都府県在住530人の女性から約113億円の金銭を詐取

銀行裏口座で高利回りの運用が出来ると吹聴して集めたと云う

テレビニュースを見ていて分かったのは

今回も被害者の大半が独り暮らしの老人女性達であると云う事実

一人暮らしのリスクは鬱、認知症等の病気リスクに加えて

詐欺被害リスクが付きまとう

それにしてもいったい何に使い、返済資金はどれだけ残っているのだろうか?

普通の人間に使い切れるお金ではない筈だが?

先物等の投資の失敗だろうか?

行き付けの寿司屋に又芸人の K氏と女性

先日後輩友人のA氏とミナミの寿司屋に行った

先日も着ていた吉本芸人のK氏が女性と来ていた

毛糸のスキー帽を目深にかぶり顔が見えにくいようにして

変に隠すと却って目立つように思うのだが(笑)

おりしも今朝の芸能ニュースで、彼が年上女優のK女史と破局と伝えていた

寿司屋同伴女性が原因だろうかと、今はやりの下司の勘繰り(笑)

客筋が大人ばかりだから安心してこれるのだろう!

年初から予想が外れた 株価 ドル円  予想が当たった J-リート

株価が急落し、円が急騰した

株価の予想下値は1700円付近、円の下値は115円付近 と予想していたが

株価は今日16000円を下回り、予想を大きく下回った

円相場も115円を下回ったがこの辺りが当面の底値ではないかと思う

「今年は相対比較J-リートが安全且つ利回りが良い」の予想はほぼ的中

リスクオフ、売りの嵐の中でJ-リートだけは昨年末のレベルで孤軍奮闘中

売りがやや優勢ながらかなりの新規資金流入も出ている様子

相場予測は本当に難しい!

行き場を失う高齢者 今朝のNHK

今朝のNHKニュースで「行き場を失う高齢者」を取り上げていた

このコラムでも何度か取り上げてきたテーマだが

取材対象、採択ケースの殆どが高齢者且つ「一人暮らし」だ

生活保護で暮らす独居老人、命を維持するギリギリの水準で暮らす独居老人

昨年発刊された本「下流老人」「老人地獄」にも詳しいが

人生の最後を貧困に喘いで暮らし、命を終えて行く老人が男女を問わず増えている

何と悲しい人生だろうと思う

生涯未婚率の急上昇を併せて考えて今後を考えると、ぞっとする

所得や蓄えが不十分であればなおのこと結婚が必要なのだと確信する

政策の不十分さが本当に目立ってきた

今年97歳になる元経営者から激励

先日相談サロン事業の成果、現況を知らせる寒中見舞いを出したら

97歳の元経営者Fさんから電話があった

「貴兄は天職を見つけたかもしれない、是非継続してしっかりやりなさい!」

との内容で、まさに激励の電話だった

80代後半まで優良中堅企業の経営に当たられ、何と今も現役のゴルファーだ

私が再建に当たった小野東洋ゴルフクラブの競技委員でアドバイザーでもあった

「春になればゴルフに誘うよ」とも言われた

私の事業に賛同して頂ける、有り難い先輩だと思う

感謝!感謝!

失恋の傷 深いのは男?女?

新聞のコラムからの全くの受け売り

ロンドン大学等の研究者が96ヶ国で調査した結果

別れた直後の精神的なショックは女性の方が深く大きい

失恋による悲しみのレベルが圧倒的に高く心身ともにボロボロになる

しかしながらしっかりと癒しの時間を設けると

比較的あっけらかんと回復すると云う

男性は失恋の状況によると10年たっても傷を引きずり続けると云う

男としてナルホド、ナルホドと思う!

 

非婚独居老人の増加 行政コスト急増

多少正確性を欠く話だが

数日前のテレビニュースで行っていたこと

警察によると東京都(日本全国?)の昨年の救急車出動回数が67万回

そのうち50%が65歳以上の高齢者からの要請だった

又全体の50%以上が緊急性のない要請だったとのこと

これ又警察の発表だが、昨年の110番通報のうち緊急性のない通報が21.9%

中には「一人でいるのがさみしい」「パソコンに文字が入力出来ない」などがある

一人暮らし老人が増えることは行政コストが増加し

納税者への負担が増えることを如実に表している

特に東京のようにいち早く生涯未婚率30%に至る行政区ではコスト増に

対応できなくなる日が遠くないように思う

地方消滅よりも東京沈没の方がより深刻だろうと、私は予想する

不本意非正規社員 減少策

非正規社員比率が40%に上昇して社会の分断要因、格差拡大要因になっている

遅ればせながら昨日、政府から「不本意非正規社員数の削減」が打ち出された

まだ具体策の提示はないが、絶対に断行すべきテーマだと思う

私の仕事から観ると、非正規社員の男性の結婚確率は極めて低い

これが東京、大阪等大都市の生涯未婚率が30%に近づいている最大の理由だと思う

遅すぎるくらいだが、会社の人件費上昇が問題ならば正社員の昇給を緩やかにしてでも非正規の正規化を進めるべきだろう

非正規と云う呼び名も変えるべきと思う

非が付くと選に漏れた、傍流のような響きがある

ネーミングについては学者やコピーライターの方々に期待したい