総合職3500人削減 AI、インターネットの仕事になる?

目立たない記事を見た

最大手金融機関の社長が「今後10年で総合職を3500人削減する」と言っておられる

私はもう少し早く、もう少し多数の人員削減になるものと思う

私は67歳の老人だが通常の入出金、振込み、投資信託の売買等

ほぼ全ての取引をPC経由のインターネットで処している

生活に必要な現金は月に一回ATMで引き出している

銀行の方々に依頼することは年末に一枚紙のカレンダーを頂くことくらいか(笑)

全産業で働く人たちはこのメガトレンドには十分注意し、備えるべきだと思う

新しく生まれる仕事を見出せば人生は劇的に面白くなるだろう!

 

失われる仕事?AIの進化は凄まじい!

数年前からPCやAIの進化で失われる仕事について考えている

事業会社では会計記帳から決算書、納税申告書作成までが1万円程度のソフトで可能になってきた

税理士が独占的に引き受けてきた仕事が一般人に出来るようになりつつある

弁護士事務所ではAIが訴状作成を可能にするだろう

パラリーガルの仕事どころか一部弁護士の仕事さえ代替するのではないだろうか?

上場企業の決算内容監査でも公認会計士に代わりAIが帳簿の不適切記帳を見抜き始めるだろう

単純事務、単純営業どころか難関資格の年限さえ仕事を奪われるかもしれない

新しく生まれる仕事は何だろう?

愚息たち将来世代の仕事は確保されるのだろうか?

進歩の結果ではあるがとても心配だ!

和泉市の中華名店 「稲香村」

昨日はかつて無料で日本語を教えた残留孤児のお孫さん達とお昼ご飯

和泉市室堂町にある「稲香村」

黒竜江省から来たシェフが腕を振るうレストラン

とにかく安くて美味しい

看護師を目指すY女史はこの4月から大学の3回生

個人で輸出業を起こしたT氏は年間売り上げがついに1億円になったようだ

加えて夫人のお腹には次男が宿っており、着実にファミリーを形作っている

老人の私を含めてそれぞれが1年づつ人生を前向きに進めている

引き続き何か出来ることがあれば応援して行きたい

写真は毎回頼む特に美味しい麻婆豆腐と片栗粉の麺

楽しい小さな正月の正餐だった!

成婚祈願

年末には何時もの法善寺

水掛不動さんに会員の成婚を祈願

新年も一件でも多く婚約を生みたい

足元では婚約間近の人が3人いる

詰めを怠らずに何としてもゴールインして欲しいと思う

あの手この手で今年も頑張ろう!